双日(株)、ドイツでメガソーラー事業を開始

発表日:2011.10.24

双日(株)は、ドイツ・ミックスドルフでメガソーラー大規模太陽光IPP(独立発電事業者)事業を開始すると発表した。今回設立した「ソーラーパーク ミックスドルフ発電所」は、約80ヘクタール(東京ドーム約20個分)の土地に、太陽光パネルを約10万枚敷き詰める大規模なもので、年間発電能力は24MW。2011年7月末に完工し、同月より稼働開始、現在も安定した電力供給を行っている。同社は、ドイツの電力公社イオン・エディス社と20年間の長期売電契約を締結し、同国のFIT(固定価格買取制度)で定められた0.2207ユーロ/kWh(約24.2円)で販売するという。なお、今回の発電所の設計、調達、建設・試運転(EPC)は、欧州の太陽光発電事業で同社と提携関係にあり、ドイツの大手太陽光発電事業会社であるヴィルソル社が行った。

新着情報メール配信サービス
RSS