東レ(株)、「完全バイオマス原料由来ポリエチレンテレフタレート(PET)繊維」の試作に成功

発表日:2011.11.15

東レ(株)は、再生可能なバイオマス原料由来のパラキシレン(完全バイオパラキシレン:米国Gevo社製)を用いて、世界で初めて「完全バイオマス原料由来ポリエチレンテレフタレート(PET)繊維」の試作に成功したと発表した。同社は、2011年6月に、米国Gevo社の完全バイオパラキシレン由来のテレフタル酸と、市販のバイオエタノール由来のエチレングリコールを原料として、完全バイオマス原料由来PETの重合に成功。このバイオマス由来PETが石油由来PETと同等の特性を有していることを確認している。今回同社は、新規技術をさらに深化させ、同バイオマス由来PETの繊維化にも成功した。ポリエチレンテレフタレート(PET)は、最も生産量の大きい石油化学製品の一つであり、これを原料とするポリエステル繊維は、世界で年間約4,000万トン生産されている。今回、バイオマス原料のみからなるポリエステル繊維が製造可能であると実証されたことは、持続可能な低炭素社会の実現に貢献する大きな一歩といえるという。

新着情報メール配信サービス
RSS