大阪ガス(株)など、安価でコンパクトな小型バイオガス化システムを開発

発表日:2011.12.13

大阪ガス(株)と(株)ダイキアクシスは、少量の生ごみを経済的にバイオガス化する、コンパクトバイオガス化システムを開発したと発表した。同システムは、ディスポーザーで破砕した廃棄物に含まれる骨などの重量異物を沈降除去する「受入槽」、廃棄物をさらに固体と液体に分離する「固液分離槽」、メタン菌により生ごみからメタンを発生させる「バイオガス化槽」、固液分離槽で分離された液体を浄化する「排水処理槽」から構成されたもの。今回、同システムを大阪ガスのエネルギー技術部(大阪市此花区)に設置し、同社の社員食堂から排出される10kg/日の生ごみを処理することにより、1日0.7m3のバイオガスが安定的に発生することなどを確認するための実証試験を2011年12月13日から開始する。また、同実証試験の結果に基づき、平成24年度には100kg/日程度の生ごみを処理する食品関連事業者の敷地内での実証試験を予定している。両実証試験を通じて、小型バイオガス化システムの実用化を加速し、平成25年度の商品化を目指すという。

情報源 大阪ガス(株) プレスリリース
機関 大阪ガス(株) (株)ダイキアクシス
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 大阪ガス | バイオガス | メタン | 廃棄物 | 実証試験 | 生ごみ | ダイキアクシス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS