(株)矢野経済研究所、リチウムイオン電池市場に関する調査結果2011を発表

発表日:2011.12.13

(株)矢野経済研究所は、リチウムイオン電池市場に関する調査結果を「2011年版 リチウムイオン電池市場の現状と将来展望」にまとめた。同調査によると、2011年度におけるリチウムイオン電池(LIB)の世界市場規模は、前年度比108.2%の1兆1,693億円(メーカー出荷金額ベース)となる見込みで、2015年度の世界市場規模は2兆8,834億円(同)と予測されている。また、2012年度以降、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)・ハイブリッド車(HEV)への車載用LIB市場が徐々に立ち上がっていく見込みで、2015年度にはLIB世界市場規模全体の33.0%を占め、車載用LIB市場は9,520億円になると予測している。さらに、東日本大震災、原発事故を契機に、工場等における停電対策としてのUPS(無停電電源装置)の導入や、節電対策としての蓄電用途など、産業用LIBの需要も前倒しで発生しており、2015年度には市場規模全体の15%を占め、産業用LIB市場は4,326億円になるという。

新着情報メール配信サービス
RSS