日立アプライアンス(株)、3つのエネルギーを冷暖房に最適活用する空調用熱源機を発売

発表日:2012.01.24

日立アプライアンス(株)は、ガスエンジン発電機の廃温水、廃蒸気と都市ガスの3つのエネルギーを最適活用する空調用熱源機(コージェネレーションシステム)を製品化し、2012年1月31日から発売を開始すると発表した。都市ガスを利用するコージェネレーションシステム(CGS)は、自家発電により買電量を減らすことができると同時に、廃熱を冷暖房の熱源として利用することで電力消費量を低減できるため、今後、需要が増すことが予想されている。今回発売する製品は、エンジンの廃温水と廃蒸気、都市ガスの3つのエネルギーを最適活用することで省エネ性を向上させたもの。廃蒸気は冷熱変換効率が高いため、従来のCGSに比べて、冷房に使われる年間の1次エネルギー消費量とCO2排出量を約25%低減する。また、エンジン停止時には都市ガスでバックアップすることが可能なため、従来のCGSでは併設が必要とされたガス吸収冷温水機などの熱源機が不要となり、設置場所の省スペース化が可能という。

情報源 日立アプライアンス(株) ニュースリリース
機関 日立アプライアンス(株) (株)日立製作所
分野 地球環境
キーワード コージェネレーション/省エネルギー/CO2/日立アプライアンス/都市ガス/空調/廃温水/廃蒸気/熱源機/CGS
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS