ダイキン工業(株)、スギ花粉がアレルゲン以外にもヒトの細胞に対する有害性を持つことを実証

発表日:2012.01.20

ダイキン工業(株)は、スギ花粉がアレルゲンとしてヒトに作用し、花粉症を発症させるだけでなく、ヒトの鼻や喉から肺へとつながる気道粘膜の細胞に炎症を引き起こし、細胞を一部破壊する有害性を持つことを、京都大学大学院工学研究科の高野裕久教授との共同研究により実証した。同社は今回、独自に開発した空気浄化技術「ストリーマ放電」によって、スギ花粉の有害性が除去される(不活化)効果を立証する目的で実証試験を開始。同試験では、1)自然界に存在するスギ花粉、2)ストリーマ放電により「高速電子」を照射し、分解したスギ花粉、のそれぞれを、気道粘膜の細胞(気道上皮細胞)に接触させて細胞の反応を観察した。その結果、自然界に存在するスギ花粉を接触させた細胞は炎症反応を示し、時間の経過とともに細胞の破壊に至ることから、スギ花粉がアレルゲンだけでなく、ヒトの細胞に対する何らかの有害性を持つことが判明した。また、ストリーマ放電で分解したスギ花粉を接触させた細胞は、前者に比べて炎症反応が小さく、生存率が高いことを実証したという。

新着情報メール配信サービス
RSS