JNC(株)、竹バイオエタノール委託事業の実証設備の試験運転を開始

発表日:2012.01.19

JNC(株)は、竹バイオエタノール委託事業の実証設備の試験運転を開始すると発表した。この事業は、環境省の平成23年度地球温暖化対策技術開発等事業のうち、「竹からの高効率バイオエタノール生産技術の実用化開発」を受託したもの。食糧と競合しない再生力の高い竹から、低炭素社会の実現に貢献できる新規のバイオエタノール生産システムを確立するため、国際的競争力を有する技術の開発と、実用化に向けた技術の開発を行うとともに、放置竹林の整備、森林の再生を並行して行う。今回運転を開始した設備は、熊本大学と崇城大学の研究成果をもとに建設し、2011年11月末に完成。竹の粉を糖にする設備(糖化設備)や、糖液を発酵してバイオエタノールを作成する設備(発酵設備)などで構成される。また、使用される原料の竹材は、水俣市及び(株)みなまた環境テクノセンターが水俣市内から調達する。今後、2012年度末まで実証設備による試験を行い、そのデータをもとに、竹からのバイオエタノール生産の事業性を検討するという。

新着情報メール配信サービス
RSS