国際航業グループ、東京湾で発見した油分解菌を用いた土壌・地下水浄化サービスを展開

発表日:2012.02.20

国際航業グループの国際環境ソリューションズ(株)は、東京海洋大学の今田千秋教授との共同研究により、東京湾で発見した4種類の油分解菌を用いた土壌・地下水浄化サービスを本格的に開始すると発表した。近年、建設工事や土地売買時に油汚染土壌が問題となるケースが多く、その対策として、微生物を用いた、安価で安全性の高い浄化工法の適用が増えている。微生物による浄化には、油分解菌自体を添加して油類の分解を促進する「バイオオーグメンテーション法」と、栄養塩等を添加して土壌中に元々生息している油分解菌を活性化させて油類の分解を促進する「バイオスティミュレーション法」があるが、今回の研究では、4種類の油分解菌からなる微生物製剤を栄養塩とともに添加する「バイオオーグメンテーション」により、バイオスティミュレーションに比べて油の分解効率を高めることに成功した。なお、今回の油分解菌は、もともと海洋に生息していた微生物であることから、東日本大震災の被災地である沿岸域など、塩分濃度が高い土壌での油汚染浄化にも適用可能という。

情報源 国際航業グループ プレスリリース(PDF:333KB)
機関 国際航業グループ(現:日本アジアグループ(株))
分野 水・土壌環境
キーワード 微生物 | 土壌汚染 | 国際航業 | 東京湾 | 土壌浄化 | 国際環境ソリューションズ | 栄養塩 | バイオスティミュレーション | バイオオーグメンテーション | 油分解菌
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS