丸紅(株)など、福島復興・浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業を実施

発表日:2012.03.06

丸紅(株)をはじめ11の企業・大学からなるコンソーシアムは、経済産業省からの委託事業である浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業に採択されたと発表した。同事業は、福島県沖の海域に、浮体式風力発電機3基と洋上サブステーション1基を建設するもの。2011年度中に始まる第1期事業では、2MWのダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備1基と、世界初となる66kV浮体式洋上サブステーション及び、海底ケーブルを設置する。2013年度から2015年度にかけて行う第2期事業では、7MW級浮体式洋上風力発電設備2基を追加設置する。福島県では、東日本大震災からの復興に向けて、再生可能エネルギーを中心とした新たな産業の集積・雇用の創出に大きな期待を寄せており、今回の事業を契機に、風車産業の一大集積地となることを目指している。同事業は、“漁業と浮体式洋上ウィンドファーム事業の共存”を大きな一つのテーマとしており、周辺海域の漁業関係者との対話・協議を通じ、将来の事業化を模索していくという。なお、コンソーシアムのメンバーは以下のとおり。丸紅(株)、東京大学、三菱商事(株)、三菱重工業(株)、(株)アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド、三井造船(株)、新日本製鐵(株)、(株)日立製作所、古河電気工業(株)、清水建設(株)及び、みずほ情報総研(株)。

情報源 丸紅(株) ニュースリリース
三菱商事(株) ニュースリリース
三菱重工業(株) ニュースリリース
(株))IHI プレスリリース
新日本製鐵(株) プレスリリース
機関 丸紅(株) 東京大学 三菱商事(株) 三菱重工業(株) (株)アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(現:ジャパン マリンユナイテッド(株))
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー/実証/東京大学/丸紅/漁業/洋上風力発電/浮体式/福島県/東日本大震災/震災復興
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS