北陸先端科学技術大学院大学、高耐熱性を持つ世界最強度のバイオポリエステルを開発

発表日:2012.05.09

北陸先端科学技術大学院大学は、同学マテリアルサイエンス研究科の金子達雄准教授らの研究グループが、(独)科学技術振興機構(JST) 課題解決型基礎研究の一環として、高耐熱性を持つ世界最強度のバイオポリエステルを開発したと発表した。植物などの生体に含まれる分子を用いて得られるバイオプラスチックは、材料中に二酸化炭素を固定することにより、二酸化炭素濃度を削減し、低炭素社会構築に有効であるとされている。しかし、従来のバイオプラスチックは耐熱性や力学強度の点で問題があった。今回の研究では、あらゆる植物細胞に含まれる堅い構造の天然分子「桂皮酸誘導体」を、天然鉱物であるハイドロタルサイト触媒の存在下で重合することにより、高耐熱性(305℃)と世界最強の曲げ強度(145MPa)を持つバイオポリエステルの開発に成功。スーパーエンジニアリングプラスチックとしての使用が可能な性能を実現した。研究グループでは今後、自動車エンジン周りなどの金属やプラスチックを代替する物質として設計する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS