日産自動車(株)、ニチコン(株)のEVパワーステーションを活用した電力供給システムを発売

発表日:2012.05.30

日産自動車(株)は、ニチコン(株)のEVパワーステーションを活用して、日産の電気自動車(EV)から一般住宅に電力を供給するシステムを、2012年6月中旬より発売すると発表した。ニチコンが開発したEVパワーステーションは、EVの大容量バッテリーから電力を取り出し、分電盤を通じて家庭の電力として使用できるV2Hシステム。同ステーションのコネクターを、日産のEVの急速充電ポートへ繋ぐことで、同車に搭載している駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えた電気を住宅へ供給することが可能となり、EVの蓄電池としての付加価値を提供する。夜間電力や太陽光発電を使ってEVに充電し、蓄えた電気を日中の電力需要が高まる時間帯に使用することで、家庭への安定した電力供給や電力消費のピークシフトに貢献できるほか、停電時や非常時などには、バックアップ電源としても活用できる。同社EVのバッテリー蓄電能力は24kWhと大容量であるため、満充電時には一般家庭の約2日分の日常使用電力を賄うことができる。両社では、これからもEVの新たな価値を創造し、ゼロエミッション社会の実現に向けて協力していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS