本田技研工業(株)、製品使用時のCO2排出量をグローバルで算定し開示

発表日:2012.06.20

本田技研工業(株)は、製品使用時のCO2排出量をグローバルで算定し、開示したと発表した。同社では、製品の生産から廃棄段階までのライフサイクル全体における環境負荷を低減していくという考えに基づき、CO2排出量の低減に努めてきた。今回、二輪車・四輪車・汎用製品を使用する際のCO2排出量をグローバルで算定し、「環境年次レポート2012」で開示した。CO2排出量の算定値は、2011年10月にGHGプロトコルイニシアチブより発行された、企業のサプライチェーン全体に相当する範囲の温室効果ガス排出量の算定および報告基準「スコープ3 スタンダード」に従い算定し、ビューロベリタスジャパン(株)による第三者検証によって、透明性・信頼性の高い情報とされた。同社では、使用時のCO2排出量を算定し、開示をすることで、全世界での環境の取り組みを積極的に推進していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS