JX日鉱日石エネルギー(株)、宮城県と山口県でメガソーラー発電事業を開始へ

発表日:2012.08.14

JX日鉱日石エネルギー(株)は、宮城県と山口県において、メガソーラー発電事業を開始すると発表した。同社では、新エネルギー事業において、従来から、省エネ・再エネ・自立型エネルギーをキーワードとする「ENEOS創エネ事業」に取り組んできた。今回、2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が施行されたことを踏まえ、以下の2箇所でメガソーラー発電事業に参入する。1)仙台製油所(宮城県多賀城市):出力1MW、2013年1月から送電を開始予定。2)下松事業所(山口県下松市):出力1.75MW、2013年3月から送電を開始予定。なお、1)では、大規模停電時には、太陽光発電の自立運転による電力の提供(最大50kW)などにより、地域に貢献できる設備の構築を目指すとともに、複数メーカーの太陽電池パネル使用による比較検証や、故障を早期発見する監視システムの導入・検証も行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS