NEDO、植物由来の再生可能資源を用いた樹脂部材を実用化へ

発表日:2012.09.12

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、植物由来の再生可能資源を用いた樹脂部材を開発したと発表した。近年、化石資源への依存度を下げるため、自動車の燃費向上や化学品原料の再生可能資源への転換が求められている。今回、製紙用パルプに含まれる植物由来の再生可能資源で、軽量・高強度の特徴をもつセルロースナノファイバー(CNF)を樹脂中に均一分散させることで、樹脂の強度を従来の3-4倍に、熱による寸法変化を2割程度にまで抑える技術を開発した。自動車重量の約9%(約110kg)を占める樹脂部材を、このCNF強化樹脂に置き換えることで、20kg程度の軽量化が可能となる。これにより自動車の燃費向上で化石資源への依存度低下に寄与することが期待されることから、生産技術の開発等に取り組んでいくという。なお、この技術開発は、「グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発」の成果である。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
京都大学 研究成果
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 京都大学 京都市産業技術研究所(現:(地独)京都市産業技術研究所) 王子製紙(株)(現:王子ホールディングス(株)) 三菱化学(株)(現:三菱ケミカル(株))
分野 地球環境
キーワード 燃費 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 自動車 | セルロース | 樹脂 | 植物由来 | 化石資源 | CNF | 再生可能資源
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS