北海道大学など、家庭用燃料電池の効率向上に寄与する新規合金触媒を開発

発表日:2012.09.13

北海道大学触媒化学研究センターの竹口竜弥准教授の研究グループは、家庭用燃料電池の効率向上に寄与する、白金原子とルテニウム原子が完全に混ざり合った新規合金触媒の開発に成功したと発表した。現在、普及が図られている家庭用固体高分子形燃料電池システムでは、燃料極触媒に白金-ルテニウム合金触媒が使用されているが、都市ガスから製造した水素の中に微量に含まれている一酸化炭素により被毒され、触媒活性が低下することが大きな問題となっている。今回開発した触媒は、燃料である水素に微量の一酸化炭素が共存しても、新規合金触媒上で一酸化炭素が効率よく除去され、少量の貴金属の使用においても高い効率での燃料電池発電が可能となり、貴金属資源の有効利用を実現した。また、白金原子とルテニウム原子だけでなく、他の原子についても同様に完全に混ざり合った新たな合金触媒の開発が可能となることから、家庭用燃料電池の分野に限らず、エネルギー環境問題解決へも寄与することが期待されるという。

情報源 北海道大学 プレスリリース(PDF)
(独)物質・材料研究機構 プレスリリース
高エネルギー加速器研究機構(KEK) プレスリリース
機関 北海道大学 (独)物質・材料研究機構 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池 | 水素 | 白金 | 家庭用 | 触媒 | 物質・材料研究機構 | 貴金属 | 北海道大学 | ルテニウム | 一酸化炭素
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS