(株)富士経済、太陽電池関連世界市場を調査

発表日:2012.09.14

(株)富士経済は、2012年4月から7月にかけて、太陽電池関連の世界市場を調査し、その結果をまとめた報告書「2012年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望 上巻」を発表した。今回の調査では、世界の太陽電池(セル・モジュール)および部材/原料の、周辺機器の技術・市場の動向と日本国内の太陽電池・太陽光発電システム市場を分析した。これによると、2012年の太陽電池の世界市場は、出力ベースで40,105MWの21%増、金額ベースで3兆209億円の25%減と見込まれる。これは、固定価格買取制度(FIT制度)の開始などによる需要の拡大、太陽電池の原料安による価格の下落による縮小によるもの。長期的には需要地が先進国から新興国にも広がることで太陽電池市場は発展し、2030年には2012年比で、出力ベースで3.2倍の128,600MW、金額ベースで51%増の4兆5,520億円になると予測されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS