(株)IHI、設置が容易な送電端最大出力20kWの小型バイナリー発電装置を開発

発表日:2012.09.19

(株)IHIは、設置が容易な送電端最大出力20kWの小型バイナリー発電装置を開発したと発表した。バイナリー発電装置は、100℃未満の工場排水や地熱などで沸点の低い媒体を蒸発させてタービン発電機を作動させるもの。これまで未利用であったエネルギーを活用し、低位熱からのエネルギー回収・有効利用による“省エネ”、再生可能エネルギーから発電することによる“創エネ”への適用が期待されている。今回開発した装置は、小型タイプで発電に必要な温水量が少ないため、工場などで分散して排出されている100℃未満の温水を、集約せずに少量のまま発電に利用することを可能にした。また、商用電源に接続可能な系統連系機能を標準装備することで、余剰電力の売電にも対応可能な仕様になっている。同社では今後、同装置を工場など向けに2013年度からの販売開始を目指すとともに、更なるラインナップの拡充を図っていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS