凸版印刷(株)、バイオマスポリエチレンを使用したラミネート包装材を開発

発表日:2012.09.25

凸版印刷(株)は、厚さ40µm以下のバイオマスポリエチレンフィルム(バイオマスPE)を使用したラミネート包装材を開発したと発表した。バイオマスプラスチックは、植物由来の原料を用いた持続的に利用できる再生可能資源で、石油など化石資源の使用量やCO2排出量の削減が期待できることから、環境に配慮した材料として注目されている。今回開発した製品は、従来と異なるラミネート技術を用いることにより、厚さ40µm以下のバイオマスPEを使用し、10%以上のバイオマス比率を実現した。植物由来の原料を使用しながら、シール強度やラミネート強度など各種物性において、石油由来の従来製品と同等の性能を保持している。同社では今後、同製品の研究開発を進め、食品や医薬品など向けの軟包装材として、2013年春の量産化を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS