NEDO、「再生可能エネルギーの水素電力貯蔵・充放電システムに関する検討」に係る実施体制を決定

発表日:2012.10.01

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「再生可能エネルギーの水素電力貯蔵・充放電システムに関する検討」に係る実施体制を決定したと発表した。同事業は、再生可能エネルギーによる電力の大規模貯蔵・充放電技術として有望と考えられる、燃料電池技術を応用した電気化学セルによる充放電技術と、水の電気分解による水素製造・貯蔵を組み合わせた水素電力貯蔵・充放電システムの市場適用可能性の検証のため、調査研究を実施するもの。今回、平成24年8月17日から9月3日まで公募し審査の結果、(株)東芝を委託予定先として決定した。事業期間は、NEDOが指定する日から平成25年2月28日である。

新着情報メール配信サービス
RSS