ダイハツ工業(株)、CO2排出ゼロ、省資源、低コストが可能な、貴金属を全く使わない燃料電池の基礎技術を新開発

発表日:2007.09.14

ダイハツ工業(株)は、(独)産業技術総合研究所と協力し、従来、燃料電池車の電極触媒材料として欠かせなかった貴金属(白金)を全く使わない燃料電池の新たな基礎技術を開発した。現在の燃料電池車に搭載されている燃料電池は、電解質膜が強酸性のため、電極触媒に耐蝕性の高い白金を使用しており、その膨大な白金使用量が課題となっている。今回の新技術では、アルカリ性電解質膜を用いることで、電極触媒に白金以外の安価な金属(コバルト、ニッケル系)が使用でき、貴金属の省資源と大幅なコスト削減が可能となった。また、燃料には合成可能な循環型燃料である水加ヒドラジンを安全な状態にして使用することにより、CO2の排出ゼロが可能となった。

新着情報メール配信サービス
RSS