JST、戦略的国際科学技術協力推進事業「日本-カナダ研究交流」における平成24年度新規課題を決定

発表日:2012.10.12

(独)科学技術振興機構(JST)は、カナダ自然科学・工学研究会議(NSERC)と共同で、戦略的国際科学技術協力推進事業「日本-カナダ研究交流」における研究交流課題を決定した。同研究交流は、日本とカナダの政府間合意に基づき、戦略的に重要なものとして文部科学省が設定したカナダとの協力分野「環境・エネルギー」における研究交流を実施することにより、日本とカナダとの科学技術分野における協力および日本の科学技術の将来の発展に資することを目的としている。今回、JSTとNSERCは、同分野の中の「再生可能エネルギー」「エネルギー利用」に関する課題採択を行い、「熱再生と熱統合を用いたバイオマス乾燥・焙焼を一貫して行う流動層反応器の開発」の1件を研究交流課題として決定した。同研究では、自己熱再生を利用した革新的省エネ型バイオマス乾燥・焙焼プロセスを開発し、高密度な木質ペレット製造にかかるエネルギーを大幅に削減することを目指すという。

情報源 (独)科学技術振興機構(JST) プレスリリース
機関 (独)科学技術振興機構(JST)
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー/省エネルギー/バイオマス/科学技術振興機構/JST/文部科学省/カナダ/木質ペレット/NSERC
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS