昭和産業(株)、CO2排出量削減を目的に、鹿島工場にバイオマスボイラの導入を決定

発表日:2008.06.12

昭和産業(株)は、主力工場である鹿島工場に、木質チップを燃料とするバイオマスボイラ(能力:蒸発量12トン/h)の設置を決定した。2008年度中に完成し、2009年度の稼動を予定している。このバイオマスボイラは、環境省による2008年度自主参加型国内排出量取引制度の助成を受けて取り組むもの。今回、重油ボイラをバイオマスボイラに切り替えることにより、重油使用量が年間約5千キロリットル削減され、二酸化炭素排出量を年間1万4千トン削減できる見込みという。これは、同社生産部門全体の5%に相当する。

新着情報メール配信サービス
RSS