• ホーム >
  • 政策・法令 >
  • 環境法令ガイド >
  • 平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法

環境法令ガイド

平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法

(平成二十三年八月三十日法律第百十号)

  本法の目的条項では、平成23年3月31日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により当該原子力発電所から放出された放射性物質による環境の汚染が生じていることに鑑み、(1)事故由来放射性物質による環境の汚染への対処に関し、国、地方公共団体、原子力事業者及び国民の責務を明らかにする、(2)国、地方公共団体、関係原子力事業者等が講ずべき措置について定めること等により、事故由来放射性物質による環境の汚染が人の健康又は生活環境に及ぼす影響を速やかに低減する、と記されている。平成23年(2011年)公布。(e-Govで条文を見る)([概要]


関連する法律、政令、府省令、条約

関連する告示、通達等

※告示、通達等については、年2~3回、最新情報への更新を行っております。 - 2013.7.8 last updated -

関連する「環境GIS」コンテンツ

※関連コンテンツがありません。


関連する「環境技術解説」コンテンツ

※関連コンテンツがありません。