環境法令ガイド

アンケート調査の概要(中間まとめ)

調査名

 環境法・制度サブジェクトゲートウェイの開発等に係るアンケート

調査主体

 国立研究開発法人 国立環境研究所 社会環境システム研究センター および 環境情報部情報整備室

調査方法

 1)方法
  Webアンケート調査
  2)調査票の設計
  ⅰ ユーザ情報(性別、年齢層、居所、勤務先・職種(専門・研究分野))
  ⅱ アンケート本体(環境俯瞰マップ・環境政策法令ナビ・環境法令ガイドの評価、環境問題と環境法令
        の関わり方がわかるWebサイトの在り方に関する質問等)
  3)調査実施期間
  2016 年 12 月 14 日 ~ 2017 年 1 月 31 日

調査結果

 1)回答数(性別) : 284 件(男性 189 件、女性 95 件)
 2)年齢層 (構成率): 19 歳以下(6.3 %)、20~29 歳(38.0 %)、30~39 歳(15.1 %)、40~49 歳(17.6 %)
     50~59 歳(13.7 %)、60~69 歳(7.0 %)、70 歳以上(2.1 %)
 3)勤務先(大分類)

   4)結果概要等
    「環境法・制度に関する諸情報がひと目で見られるようなサブジェクトゲートウェイには、どのようなオンラインサービスがあると便利だと思いますか?(Q4-1、複数回答)」という質問においては、「基本的な知識を得る」が最も多く、次いで「環境問題等の成り立ち」「環境問題等の学習支援」などの回答が多かった。また、「その他(自由回答)」において、「国環研の研究成果」「科学的な所見(記事)の充実」を求める意見などが寄せられた。
    「あなたが、インターネットを使って、環境法・制度について調べようとしたときに、よく利用するWebサイトがありましたら差し支えない範囲で教えてください。(Q4-2)」という質問については、「環境省(法令・告示・通達、日本の環境政策ポータル等)」が最も多く、次いで「e-Gov・法令データ提供システム」、「Google等の検索エンジン」が多かった。
現在、アンケート集計作業を進めています。平成 29 年 5 月上旬に調査結果(詳細)を掲載いたします。

環境ことば探しパズルの答え

  正解は「COP」でした。


ご協力ありがとうございました。