新日鉄住金エンジニアリング(株)、省エネ型二酸化炭素回収技術を開発

発表日:2012.12.27

新日鉄住金エンジニアリング(株)は、省エネプロセスを用いた二酸化炭素(CO2)回収技術を開発し、営業を開始したと発表した。同技術は、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託研究である「環境調和型製鉄プロセス技術開発(COURSE50)」の一環で開発した化学吸収法。化学吸収法は、アルカリ性の反応液(化学吸収液)にCO2を選択的に吸収させ、その液を加熱しCO2を分離・回収する方法だが、加熱に多大なエネルギーを使用するため、CO2の回収コストが高くなるといった課題があった。今回、反応プロセス等に工夫を加え、CO2の回収率を90%以上に維持したままで従来法と比べて熱エネルギーの消費量を6割以下に削減する技術を開発。また、吸収液の加熱温度も従来の120℃から95℃まで低減し、低温排熱を活用できるようになった。これらにより、二酸化炭素の回収コストを大幅に低減する事が可能となったという。

新着情報メール配信サービス
RSS