三菱商事(株)、再生可能エネルギーを利用した電気自動車向け充電インフラシステムの共同開発をスタート

発表日:2008.07.01

三菱商事は、東京工業大学(以下、東工大)等と共同で、再生可能エネルギーを利用した電気自動車向けインフラシステムを開発すると発表した。電気自動車は地球温暖化防止の観点から注目されているが、普及のためには駆動源であるリチウムイオン電池などの充電用インフラが不可欠となる。今回の共同開発では、太陽光、太陽熱、風力といった再生可能エネルギーを有効に活用した環境負荷の少ない電気自動車の充電システムの開発・実証を行う。実証にあたっては、東工大の大岡山キャンパスに太陽光発電パネル、太陽熱発電機及び充電システムを設置し、すずかけ台キャンパス、田町キャンパスとの間に三菱自動車工業(株)の電気自動車の試作車を走行させる。また、電気自動車ユーザーの自宅を想定したコンセプトハウス(高砂)にも太陽光発電パネルを設置して実証を行う。コンセプトハウス部分の研究には、アイフルホーム((株)トステム住宅研究所)が参加の予定。

新着情報メール配信サービス
RSS