経済産業省、第3回J-クレジット制度認証委員会の結果を公表

発表日:2014.01.31

経済産業省は、平成26年1月31日に開催した第3回J-クレジット制度認証委員会の結果を公表した。J-クレジット制度は、省エネルギー設備の導入や再生可能エネルギーの活用による温室効果ガスの削減量や適切な森林管理による温室効果ガスの吸収量をクレジットとして国が認証する制度。認証されたクレジットは、売買することができ、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用できる。また、クレジット代金は、クレジット創出者に還元され、更なる温室効果ガス削減の取組等に活かすことができる。今回、J-クレジットの登録証申請があったプロジェクト13件を承認した。これにより、プロジェクトの承認件数は、累計で22件となった。また、移行プロジェクトから認証申請のあった2件(1,766t-CO2)のプロジェクトについて、認証を行った。これにより、J-クレジットの認証件数は、4件(6,533t-CO2)となった。

新着情報メール配信サービス
RSS