トヨタ自動車(株)、電気利用車両向け非接触充電システムの実証実験を開始

発表日:2014.02.13

トヨタ自動車(株)は、電気利用車両向け非接触充電システムを開発し、平成26年2月下旬より愛知県内で実証実験を開始すると発表した。同システムは、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などの電気利用車両への充電の際にケーブルを使用せず、地面に設置したコイルに車両位置を合わせ駐車するだけで充電ができるもの。磁界共鳴方式で、地面に設置したコイル(送電側)と車両に設置したコイル(受電側)の2つのコイル間における磁界の共鳴現象を利用して電力を伝送する。今回の実証実験は、愛知県内においてPHVなど車両3台を用いて当面1年間実施。充電システムの満足度や利便性をはじめ、日常的な使用での駐車位置ズレ量の分布、充電頻度やタイマー充電の利用等の充電行動に与える影響などを検証する。同社では、今回の実証実験の結果を踏まえ、実用化に向けた技術開発をさらに進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS