JX日鉱日石エネルギー(株)、集合住宅での「創エネ+リノベーション」の実証試験を開始

発表日:2012.05.17

JX日鉱日石エネルギー(株)は、横浜市にある同社の社宅アパート全16戸で、「創エネ+リノベーション」の実証試験を、2012年6月より開始すると発表した。同実証試験は、同社が(株)東芝、三井不動産レジデンシャル(株)とともに参加している「横浜市スマートシティプロジェクト」の一環として実施するもの。実証住宅では、リノベーションに合わせて3電池(家庭用燃料電池(SOFC型)、太陽光発電、蓄電池)などを導入するほか、(株)東芝が開発したエネルギーマネジメントシステムにより、各家庭における省エネ、集合住宅全体での効率的なエネルギー利用などを促進する。これらの運用により、エネルギーの地産地消を最大限行い、電力自給率80%、電気とお湯の使用に伴うCO2排出量50%削減を目指す。さらに、3電池の連携により、系統停電時にも一定の電力・熱の供給を可能とする自立機能の検証も行う。同社では今後、2014年度末までの約3年間、社員の居住による効果検証を行い、将来的には、戸建住宅を含めた「スマートコミュニティ」の実現に貢献していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS