国内ニュース

国内の環境保全に関する最新動向として、行政・企業・研究機関等のニュースを紹介しています。

国内ニュースを探す

絞り込みオプション ▼

113件 3/12ページ

2021.06.30

名古屋工業大学、東北大学および東京電機大学の共同研究グループは、気象データ等をスーパーコンピュータに入力して熱中症搬送者数を再現する技術を用いて、大都市圏における2020年夏の増減にかかる影響要因を特定し...

2021.06.28

環境省は、令和3年度「環境技術実証(ETV)事業」における実証機関を選定したと発表した。ETV事業は、既に実用化された先進的環境技術の環境保全効果、副次的な環境影響、その他環境の観点から重要な性能を第三者が客...

2021.06.21

気象庁と環境省は、令和3年度第1回「熱中症予防対策に資する効果的な情報発信に関する検討会」を共同開催すると発表した(開催日:6月28日、開催方法:オンライン(非公開))。近年、熱中症搬送者数が著しい増加傾向...

2021.06.18

豊島区は、(株)タニタ(本社:板橋区)と共同で、熱中症リスクの見える化などモデル化事業を実施すると発表した。この事業は、環境省の「令和3年度地方公共団体における効果的な熱中症予防対策の推進に係るモデル事業...

2021.05.31

豊島区は、熱中症予防を啓発する個別訪問を実施する。この取組は、平成23年から実施し、高齢者を熱中症から守ると共に、何らかの支援や見守りが必要な方を各種サービスや見守り活動などにつなげていくことも目的とし...

2021.05.28

環境省と文部科学省は、学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引きを公表した。学校における熱中症事故が毎年5,000件程度発生しており、熱中症が国民生活に大きな影響を及ぼすことが懸念されている。環境省と気...

2021.05.21

環境省は、自動車内に残すことによるペットの熱中症の危険性について、周知させるべく普及啓発チラシを作成したと発表した。気温が上昇するこれからの季節、冷房の効いていない自動車内はわずかな時間であっても非常...

2021.05.20

環境省は、令和3年度環境技術実証事業における実証機関を公募すると発表した(募集期間:令和3年5月20日~6月3日)。環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にある先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三...

2021.05.20

農林水産省は、令和3年5月20日より、MAFFアプリに「熱中症警戒アラート」を通知する機能を追加すると発表した。MAFFアプリは、農業に役立つ情報を農水省から直接現場の農業者に届ける農水省と農業者のコミュニケーション...

2021.04.23

環境省は、熱中症予防対策ガイダンスを策定したと公表した。同ガイダンスは、同省が2019年度~2020年度に採択した「熱中症予防対策ガイダンス策定に係る実証事業」の優れた取組事例を取りまとめた結果であり、埼玉県の...

113件 3/12ページ