アメリカエネルギー省、革新的な再生可能エネルギー・省エネプロジェクトへ40億ドルの融資保証を追加

発表日:2014.07.03

アメリカエネルギー省(DOE)は、オバマ大統領が掲げる気候行動計画の推進策として、温室効果ガスの排出を回避・削減・隔離する革新的な再生可能エネルギー・省エネプロジェクトへの40億ドルの融資保証を決め、申請の募集を発表した。対象となるのは、事業化段階に達し、反復可能で、他への刺激促進効果が期待できる技術の開発プロジェクトである。要件を満たす国内のプロジェクトであれば申請できるが、DOEは対象となる重要な技術分野として、1)送電網の統合・蓄電、2)ドロップイン型バイオ燃料、3)廃棄物からのエネルギー回収、4)既存施設の強化(マイクロ水力発電など)または発電していないダムの水力発電化の促進、5)効率改善、の5つを挙げている。DOEは、今回の募集により、同国の革新的なクリーンエネルギー技術の実用化を支援する取組がさらに前進するとしている。現在、DOEの融資プログラム局(LPO)は、このほかに先進型化石エネルギープロジェクトや先端技術自動車製造(ATVM)融資プログラムの申請も受け付けている。

新着情報メール配信サービス
RSS