環境技術解説

環境技術の基本を理解するために役立つ情報として、その背景・仕組み・適用事例などをわかりやすく解説しています。

新着記事

  • 電気自動車(EV)

    電気自動車(EV)の一般向け販売が始まったことや、高性能バッテリーの登場などにより2014年度末までに国内での保有台数は7万台を超える水準となりました。ここでは、省エネ・低公害の次世代自動車の代表的存在として期待されるEVについて解説します。[分類:大気環境]

  • ハイブリッド車(HV)

    ハイブリッド車(HV)の普及は、自動車への電気駆動系の導入という大きな需要を作り、電気自動車自体の低コスト化や燃料電池自動車の実用化への道を拓く役割も果たしてきました。ここでは、HVの技術を解説し、その将来を展望します。[分類:大気環境]

  • 燃料電池自動車(FCV)

    燃料電池自動車(FCV)の一般販売が始まり、燃料である水素の供給を担う水素ステーションの整備も急ピッチで進められています。来るべき水素社会の重要なピースとして位置づけられているFCVについて解説します。[分類:大気環境]

  • CO2回収・貯留(CCS)

    温室効果ガスの代表格であるCO2を地中や海底などの別の場所に隔離し閉じ込める「CO2回収・貯留(CCS)」。高い温室効果ガス削減効果が期待されるCCSの技術と課題、展望について紹介します。[分類:地球環境]

  • ITS(高度道路交通システム)と自動走行システム

    円滑で安全な道路交通を実現する「ITS」。運輸部門における二酸化炭素や大気汚染物質の排出削減効果も期待されるITSの技術と、大きな貢献が期待される自動走行システムについて紹介します。[分類:大気環境]

  • HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)

    家庭内のエネルギー消費量を可視化しつつ積極的な制御を行うことで、省エネやピークカットの効果を狙う仕組み「HEMS」。なぜHEMSが重要で、普及はどう進むのか。現状と課題を展望します。[分類:地球環境]