ドイツ経済・エネルギー省、石炭地域の企業の構造転換を支援するモデル事業を開始

発表日:2020.03.11

ドイツ経済・エネルギー省(BMWi)は、石炭を段階的に廃止する国の方針のもと産業構造が変化するドイツ東部の石炭地域で、企業の戦略的計画立案と適応準備を経営コンサルティングを通じ支援するモデル事業を実施する。石炭地域の経済構造を刷新し、持続可能な雇用を創出することにより、地域は確信をもって石炭の段階的廃止に対応することが可能となる。この事業では、褐炭採掘の廃止によって直接的および間接的に影響を受ける中小企業を戦略的な事業再編により支援していく。事業は3段階から成り、第1段階では戦略的企業開発について企業の意見を求める。第2段階では戦略的経営コンサルティングにより企業は再編プロセスの支援を受け、第3段階では集積された経験が支援対策の具体的な施策に活かされる。中部ドイツおよびラウジッツの鉱山地域は、資金調達ガイドラインの開発に参加し、早期に戦略的経営コンサルタントのため資金を活用する機会が与えられている。このため2020年4月に実施される電話調査への積極的な参加等が義務づけられている。

情報源 ドイツ連邦経済・エネルギー省(BMWi) プレスリリース
ドイツ経済コンサルティング研究所(IW Consult)
国・地域 ドイツ
機関 ドイツ連邦経済・エネルギー省(BMWi)
分野 環境総合
キーワード ドイツ経済・エネルギー省 | 石炭地域 | 褐炭採掘 | 戦略的企業開発 | 戦略的経営コンサルティング | 鉱山地域 | 資金調達ガイドライン | 電話調査 | 戦略的計画立案
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS