欧州環境庁、欧州と世界の発展のための複雑なネットワークが持続可能性に影響を与えると報告

発表日:2020.05.19

欧州環境庁(EEA)は、新たな報告書「欧州の環境と持続可能性に関する変化の要因(Drivers of change of relevance for Europe's environment and sustainability)」を発表した。同報告書では、人口動態の変化から、技術革新、天然資源の争奪、ライフスタイルの変化に至るまで、様々な変化を詳細にまとめている。また、新たなリスクや持続可能性への挑戦を継続するだけでなく、前向きな変化の機会といった世界や欧州の様々なトレンドの変化も示している。持続可能性の目標を達成するためには、「欧州グリーンディール」のような政策を通じた欧州の生産と消費システムの変革、および社会のあらゆるレベルでの規範と優先順位の広範な変化が必要となる。また同報告書では、「欧州グリーンディール」や、国連の「2030アジェンダ」、「持続可能な開発目標(SDGs)」などの政策プロセスに対する潜在的な意味合いにも光を当てている。

情報源 欧州環境庁(EEA)ニュース
国・地域 EU
機関 欧州環境庁(EEA)
分野 環境総合
キーワード 欧州環境庁 | 技術革新 | SDGs | 持続可能な開発目標 | 欧州グリーンディール | 2030アジェンダ | 欧州の環境と持続可能性に関する変化の要因 | 天然資源の争奪 | ライフスタイルの変化
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS