政府、省エネ法における建材トップランナー制度の対象となる建築材料を追加する施行令を閣議決定

発表日:2014.11.25

経済産業省は、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)施行令の一部を改正する政令が、平成26年11月25日に閣議決定されたと発表した。同改正は、省エネ法第81条の3に規定されるエネルギーの使用の合理化を図ることが特に必要のある熱損失防止建築材料(建材トップランナー対象建築材料)として、新たに窓(サッシ及び複層ガラス)を追加するもの。建材トップランナー制度とは、製造事業者等に対し、現存する最も効率の良い建材を基に設定した目標年度(3~10年程度先)における性能(トップランナー性能)を満たすことを求める制度。今回の改正では、勧告及び命令等の対象になる建材トップランナー対象機器建築材料の製造事業者等の要件として、生産量又は輸入量が、サッシが94,000窓以上、複層ガラスが110,000m2となった。今後、平成26年11月28日に公布され、同月30日に施行される予定。

新着情報メール配信サービス
RSS