環境省、平成21年度高濃度バイオ燃料実証事業(2次公募)の採択案件を公表

発表日:2009.05.11

環境省は、平成21年度高濃度バイオ燃料実証事業(2次公募)の採択案件を公表した。同省は、バイオエタノール等のバイオ燃料の高濃度利用の推進を図るため、平成21年度より、燃料供給体制の整備や対応車両の走行などを行う実証事業を複数地域で実施することとしている。同事業では、車両だけでなく、給油関連も含めた社会的な課題を抽出し、E10(バイオエタノール10%混合ガソリン)等の高濃度バイオ燃料の導入に向けた事業性の検証等を行うこととしており、今回、実証事業を実施する事業者の2次公募を行った結果、(財)十勝圏振興機構が採択された。なお、同事業は複数地域において実証事業を行うこととしているため、1次公募(平成21年3月30日)では、大阪府が既に採択されている。

新着情報メール配信サービス
RSS