JICA、環境・エネルギー分野のSDGsビジネスなど100件を支援

発表日:2019.08.28

(独)国際協力機構(JICA)は、「中小企業・SDGsビジネス支援事業(2019年第一回)」の採択案件を公表した。同事業は開発途上国の開発ニーズと国内民間企業の優れた製品・技術とのマッチングを行い、「SDGs達成に貢献するビジネス(SDGsビジネス)」および開発途上国の抱える課題の解決を図り、ODAを通じた二国間関係の強化や経済関係の一層の推進を目的とするもの。リサイクル薬剤を活用した鉛バッテリーの長寿命化による環境保全促進のための基礎調査(対象国:ベトナム、(株)LIGARE)、木材加工の効率化および高付加価値化による森林資源の有効活用のための案件化調査(対象国:ケニア、(株)ヒロタ)、回転繊維ユニットを用いた下水処理施設の高度化に関する実証事業(対象国:インド、(株)バチルテクノコーポレーション)など、東南アジア・大洋州、アフリカおよび南アジアの調査や普及・実証・ビジネス化事業100件を支援するという(1件当たり上限額:850万円~1.5億円)。

新着情報メール配信サービス
RSS