環境省、(仮称)麓山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を公表

発表日:2019.09.26

環境省は、(仮称)麓山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出したと発表した。同事業は、ふくねっと(同)が、福島県二本松市及び伊達郡川俣町において、最大で総出力96,600kWの風力発電所を設置するもの。環境大臣意見では、1)今後の更なる事業計画の検討及び実施に当たっては、復興計画等を踏まえるとともに、地元の地方公共団体を含む関係機関等と十分に協議・調整を行い、避難中の住民を含む住民への説明や意見聴取等の関与の機会の確保に十全を期すること、2)騒音や風車の影による生活影響について、住居ごとの居住状況や帰還の方向性等の情報の把握に努め、風力発電設備を住居等からの離隔を確保すること等により回避又は低減すること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 風力発電所 | 福島県 | 環境大臣意見 | 計画段階環境配慮書 | 経済産業大臣 | 麓山風力発電事業 | ふくねっと | 二本松市 | 伊達郡川俣町
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS