環境省、(仮称)宮城加美風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2019.12.23

環境省は、(仮称)宮城加美風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、令和元年12月23日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(合)JRE 宮城加美が、宮城県加美郡加美町において、最大で総出力58,800kWの風力発電所を設置するもの。今回の環境大臣意見では、1)事後調査においてクマタカの行動を調査し、繁殖等への影響が懸念される場合には、稼働調整等を含めたより適切な環境保全措置を実施すること、2)風力発電設備等の配置等の検討に当たっては、河川や沢筋等からの距離を確保するとともに、土砂や濁水の流出を抑制することで、水環境への影響を回避又は極力低減すること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 風力発電所 | 宮城県 | 環境大臣意見 | 経済産業大臣 | 環境影響評価準備書 | 宮城加美風力発電事業 | JRE | 宮城加美 | 加美郡加美町
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS