環境省、(仮称)宮城山元風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を公表

発表日:2020.06.26

環境省は、(仮称)宮城山元風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出したと発表した。同事業は、東急不動産(株)が、宮城県亘理郡山元町において、最大で総出力51,600kWの風力発電所を設置するもの。環境大臣意見では、1)引き続き宮城県及びその他の関係機関等と調整を積極的に実施した上で、ゾーニングモデル事業等において得られた知見及び調査結果等を活用し、これらの事業において示された留意事項に則しつつ、適切な事業計画を検討すること、2)適切な環境保全措置を講ずることにより、騒音及び風車の影による生活環境への影響を回避又は極力低減すること、3)適切な環境保全措置を講ずることにより、鳥類への影響を回避又は極力低減すること、4)工事中における水の濁り等により、浅海域の海生生物の生息・生育環境への影響について適切な調査、予測及び評価を行い、その結果を踏まえ、適切な環境保全措置を講ずることにより海生生物への影響を回避又は極力低減すること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 東急不動産 | 風力発電所 | 宮城県 | 環境大臣意見 | 計画段階環境配慮書 | 経済産業大臣 | 宮城山元風力発電事業 | 山元町
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS