欧州連合統計局、EUにおける2016年の化石燃料燃焼に由来するCO2排出量は前年比で若干減少と推定

発表日:2017.05.04

欧州連合統計局(Eurostat)は、EUにおける2016年の化石燃料の燃焼に由来するCO2排出量が、前年比で0.4%減少したとする速報値を発表した。国別にみると大部分のEU加盟国ではCO2排出量が前年より増加しており、増加幅の大きい順にフィンランド(8.5%増)、キプロス(7.0%増)、スロベニア(5.8%増)、デンマーク(5.7%増)等となっている。排出量が減少したのは、マルタ(18.2%減)、ブルガリア(7.0%減)、ポルトガル(5.7%減)、イギリス(4.8%減)をはじめとする11か国であった。CO2は、地球温暖化の主因であり、EU域内で排出される温室効果ガス全体の約80%を占めるが、CO2排出量は気候条件や経済成長、人口、輸送および産業活動といった複数の要因に左右される。また、エネルギー製品の輸出入については、化石燃料を燃焼する国のCO2排出量に含められる。例えば、石炭が輸入される場合には輸入国にとっての、また、電気が輸入される場合には輸出国にとっての、それぞれCO2排出増になるという。なお、今回の統計値には、再生不可能廃棄物の燃焼に由来するCO2排出量は含まれていない。

新着情報メール配信サービス
RSS