ドイツ、気候と環境のための技術革新賞の2017年受賞者を表彰

発表日:2018.02.21

ドイツ連邦環境省(BMUB)とドイツ産業連盟(BDI)は、2017年「気候と環境のための技術革新賞(IKU)」の受賞者を表彰した。科学的評価に基づく審査により、5部門で7つの企業と研究機関が受賞した。このうち「気候保護のためのプロセス革新」部門では、冷蔵ケースの総合的なエネルギー管理とフッ素を含まない冷媒R290(プロパン)を利用した完全密閉小型ヒートポンプによる暖房で食品小売業の省エネを実現するシステムが、また「気候保護のための製品イノベーション」部門では、植物繊維を環境配慮型の製紙原料として化学添加物を使用せずに処理する技術が受賞した。受賞者には、それぞれ2万5000ユーロが授与される。従来の5部門に加えて、今回は生物多様性の向上を通じて気候・環境保護に貢献する技術革新に対して「革新と生物多様性」という特別賞が設けられ、ウガンダでトウモロコシの穂軸を廃棄物バイオマスとして固形燃料の生産に使用する取組が受賞した。この特別賞には3000ユーロが授与される。

新着情報メール配信サービス
RSS