国内の環境保全に関する最新動向として、行政・企業・研究機関等のニュースを紹介しています。

396件

1/40ページ

  • 2017.12.21
    三菱電機、静電気を利用してPM2.5などを取り除く空気清浄デバイスを開発

    三菱電機(株)は、静電気を利用して大気中のPM2.5や花粉・ホコリなどを除去する空気清浄デバイスを開発した。PM2.5をはじめとする大気汚染の深刻化や、建物の高気密・高断熱化による室内換気の重要性の高まりを受けて...

  • 2017.12.21
    神奈川県、平成29年版かながわ環境白書を発行

    神奈川県は、平成29年版かながわ環境白書「わたしたちの環境」を発行した。同書は、平成28年度における神奈川県の環境の現状と保全のための取組及び今後の取組の方向性について記載したもので、本編と概要版の2種類か...

  • 2017.12.15
    香川県、平成28年度大気汚染・水質測定結果の概況を公表

    香川県は、平成28年度の大気汚染・水質測定結果を公表した。環境基本法に基づき、人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準として、大気汚染、水質汚濁等について環境基準が定められて...

  • 2017.11.24
    静岡県、神奈川県・山梨県と連携した冬季大気汚染防止対策を実施

    静岡県は、神奈川県及び山梨県と連携して、微小粒子状物質(PM2.5)の改善に向けた冬季大気汚染防止対策を実施すると発表した。冬季は、交通量の増加や、事業所における暖房機器(ボイラー)の使用、気象条件などの影...

  • 2017.11.24
    東京都、冬季における大気汚染対策を実施

    東京都は、冬季における大気汚染対策を実施すると発表した。東京の大気環境は、都民・事業者の取組により改善が進んでいるが、冬季は大気がよどみやすく、微小粒子状物質(PM2.5)の主要な原因物質でもある窒素酸化物...

  • 2017.11.22
    岐阜県、平成29年「環境白書」を公表

    岐阜県は、平成29年「環境白書」を発行したと公表した。同書は、平成28年度における岐阜県の環境の状況及び環境の保全に関する施策を中心に取りまとめたもの。第1部では、岐阜県の環境施策の主なものを取り上げている...

  • 2017.11.17
    福井県、平成28年度大気・水質等の常時監視結果を公表

    福井県は、平成28年度の大気・水質等の常時監視結果を公表した。平成28年度の結果は以下のとおり。1)大気では、二酸化硫黄、二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質(SPM)及び微小粒子状物質(PM2.5)は、全地点で環...

  • 2017.11.10
    九州大、2014年以降の日本におけるPM2.5濃度の減少傾向を解析

    九州大学は、2014年以降の日本におけるPM2.5濃度大気汚染の減少傾向を解析した。2013年1月以降、中国大陸からの越境輸送などによる国境を超えた高濃度汚染(PM2.5など)の影響が危惧されているが、日本国内では、2014年から2...

  • 2017.10.30
    国環研、直噴ガソリン車等からの粒子状物質に関する研究プロジェクトの成果報告書を公表

    国立環境研究所は、「直噴ガソリン車および最新ディーゼル車からの粒子状物質の排出実態と大気環境影響」(研究代表者:藤谷雄二)の成果報告書を公表した。同報告書は、直噴ガソリン車等から直接排出される微小粒子...

  • 2017.10.24
    愛媛県、平成28年度大気環境の測定結果を公表

    愛媛県は、平成28年度の大気環境の測定結果を公表した。これは、大気汚染防止法等に基づき、関係機関(愛媛県、松山市、四国中央市、新居浜市、西条市、今治市、大洲市)が実施した平成28年度の結果を取りまとめたも...

新着情報メール配信サービス
RSS