経産省、第8回日中省エネルギー・環境総合フォーラムの結果概要を公表

発表日:2015.01.05

経済産業省は、平成26年12月28日に中国・北京で開催された「第8回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」の結果を公表した。同フォーラムは、日本及び中国の官民が、両国の共通の利益に叶う省エネルギー・環境分野において互恵協力を進めるプラットフォームとなるもの。今回は、日本から高木経済産業大臣など、中国から解振華(かい・しんか)国家発展改革委員会副主任など、官民関係者合わせて約500名が参加。「エネルギー管理システム・LED」を含む6つの分科会が開催され、日中双方の専門家から各分野の技術等に関するプレゼンテーション等が行われた他、省エネルギー・環境に関する日中間の協力案件41件が調印された。その特徴としては、省エネ分野、水・汚泥処理、リサイクル等の協力案件に加え、エネルギー管理システムやスマートコミュニティ等が、主要な協力分野として定着してきており、また、大気汚染対策等の協力案件が増加するなど、直面するニーズを的確に反映した新たな協力が進んでいるとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS