JAMSTECと国環研、大気化学輸送モデル等により地域別のメタン放出量を推定

発表日:2016.02.01

海洋研究開発機構(JAMSTEC)と国立環境研究所は、大気化学輸送モデルを用いた手法により地域別のメタン放出量を推定したと発表した。メタンは温室効果ガスであるとともに、大気中で他の化学物質と反応し互いの増減に影響を及ぼしあうため、メタンの地域毎の放出量を正確に理解することは、メタン濃度の将来予測や将来の気候変動予測や、発生削減策の効率的な政策立案に不可欠となっている。今回、大気化学輸送モデルとメタン濃度観測値を用いて、全陸域を53の領域に分けた各領域での2002年~2012年の放出量を推定した結果から、東アジアからの石炭産業起源のメタン放出量が従来試算よりも少ないこと、熱帯域のメタン放出量は近年の家畜飼育数の増加に伴い増えている可能性があることを指摘した。この成果は、東アジア域の石炭産業起源のメタンの排出係数の見直しの必要性や、熱帯域での畜産業における家畜飼育技術の改善が有効であることを示唆しており、地球温暖化対策および放出量管理に関する政策立案の際の科学的裏付けとなることが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS