経産省、「水素・燃料電池戦略ロードマップ改訂版」を公表

発表日:2016.03.22

経済産業省は、「水素・燃料電池戦略ロードマップ改訂版」を公表した。これは、平成26年6月に策定した同ロードマップについて、家庭用燃料電池の普及が拡大し、燃料電池自動車が市販開始され、水素ステーションの整備も着実に進められている等、策定時から様々な取組が進展している最新の状況を踏まえて、新たな目標設定や、取組の具体化を行ったもの。改訂のポイントは以下のとおり。1)家庭用燃料電池の将来的な価格目標を明確化:PEFC(固体高分子形燃料電池)型は2019年までに80万円、SOFC(固体酸化物形燃料電池)型は2021年までに100万円、2)燃料電池自動車の普及目標を設定:累計で、2020年までに4万台程度、2025年までに20万台程度、2030年までに80万台程度、3)水素ステーションの整備目標を設定:2020年度までに160箇所程度、2025年度までに320箇所程度4)水素発電に関する記載を具体化、5)再生可能エネルギー由来水素の利活用に関し、技術面・経済面の課題について検討を行う。

新着情報メール配信サービス
RSS