滋賀県、「第三次滋賀県環境学習推進計画」を策定

発表日:2016.04.28

滋賀県は、環境学習によって主体的に行動できる人材を育成し、これからの持続可能な社会づくりを進めることを目的に、「第三次滋賀県環境学習推進計画」を策定したと発表した。同計画は、「滋賀県環境学習推進条例」第6条に基づく環境学習の推進に関する計画としての性格と、「環境教育等促進法」第8条に基づく、滋賀県の自然的社会的条件に応じた環境保全活動、環境保全の意欲の増進及び環境教育並びに協働取組の推進に関する行動計画としての性格とを併せ持つもの。計画期間は平成28年度から平成32年度の5年間。基本目標を「『いのち』に共感して自ら行動できる人育てによる、持続可能な社会づくり」と設定し、以下の4つの分野での学習推進に重点的に取り組む。1)暮らしと琵琶湖のつながり再生、2)低炭素社会づくり、3)生物多様性の保全、4)循環型社会づくり。また、拠点間のつながりや、学校等と地域のつながりの強化にも取り組むという。

新着情報メール配信サービス
RSS