NEDO、バイオジェット燃料の一貫製造プロセスの技術開発に着手

発表日:2017.04.21

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、微細藻類や木くず由来のバイオジェット燃料を一貫製造するプロセスの技術開発に着手すると発表した。バイオジェット燃料は、2030年以降の航空分野におけるCO2排出量の削減の切り札として世界的に導入の機運が高まっている。これまでの要素技術の開発では、微細藻類を用いた大量培養技術では藻を安価に回収することや、木くず等のガス化ではガスの性状を安定化する技術の開発など、ジェット燃料を安価かつ安定的に一貫製造する技術の開発が課題として明らかになった。今回、2テーマの一貫製造プロセスの技術開発を採択し、10,000m2規模の微細藻類の培養設備を構築するなどパイロット規模の検証試験を行う。また、より高効率な工業化(設備の規模拡大等)のための課題の抽出とその対策を盛り込み、安定的な長期連続運転や製造コスト低減などを検証する。この技術開発を通じて、2030年頃のバイオジェット燃料製造の商用化を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS