シャープ子会社、インドネシア企業と共同で建設した太陽光発電所の概要を公表

発表日:2018.07.02

シャープ(株)の子会社でエネルギーソリューション事業を手掛けるシャープエネルギーソリューション(株)は、インドネシアのエネルギー関連企業と共同で建設した太陽光発電所の概要を公表した。同発電所は、二国間クレジット制度(JCM)に基づく環境省の設備補助事業を受けて建設したメガソーラー施設(出力規模:約1.6 MW)で、太陽電池モジュールの年間予測発電量は約1,922 MWh/年、温室効果ガス排出量削減量は約917 tCO2/年が見込まれている。2018年4月10日から運転を始めており、2018年6月30日に設置場所(インドネシア共和国南スマトラ州パレンバン市)で竣工式が行われたという。

情報源 シャープ(株)
機関 シャープ(株) シャープエネルギーソリューション(株)
分野 地球環境
キーワード 環境省 | 温室効果ガス | シャープ | インドネシア | 排出量削減 | 太陽光発電所 | 二国間クレジット制度 | シャープエネルギーソリューション | 設備補助事業
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS