NEDO、洋上風力発電の低コスト施工技術FS調査(2件)に実施

発表日:2018.09.10

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、洋上風力発電の低コスト施工技術に関するフィージビリティ・スタディ(FS)を実施すると発表した。近海に岩盤が多いことや、施工インフラ整備の立ち遅れなどのため、日本の洋上風力発電建設コストは欧州の約1.5倍と見積もられている。今回のFS調査は、NEDOの「洋上風力発電低コスト施工技術開発(2018~2019年度)」の一環として、洋上風力発電の低コスト化に向けた本格的な技術実証・技術開発に先立ち、実際にこれらの技術の適用が想定される海域の特性などを踏まえた詳細な適用範囲やコスト低減の目標を設定するもの。1) 民間の開発資金を誘導する事業方式(JIP:Joint Industry Program)による基礎構造の低コスト化技術の調査((株)風力エネルギー研究所、外1社)、および2) ジャッキアップ型作業構台を活用した基礎構造物の施工((株)吉田組、他2社)を採択し、2022年度までに洋上風力発電施設の建設コスト20%低減を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS